大規模修繕には費用がかかる|見積もりをするのが利口

模型

工事業者選びの注意点

男性

選定方法は3通り

マンションの大規模修繕を行う上で、マンション大規模修繕工事業者の選定は最も重要なポイントです。大規模修繕は巨額の資金を導入して長期にわたって行うものであり、トラブルは少ないにこしたことはありません。トラブルを避けるためにも、どのようにして業者を選定すれば良いのでしょうか。マンション大規模修繕工事業者の選定方法には発注別に、管理会社施行方式、責任施行方式、設計管理方式の3つの方法があります。管理会社施行方式では、日常の管理業務を委託している管理会社に施行をお願いするものです。管理業務を委託している分、安心感がありますが、施行費用は割高になりがちというデメリットがあります。責任施行方式は、自分達でマンション大規模修繕工事業者を探し、その業者に工事のすべてを依頼する方式です。良い業者を見つけることが最大のポイントで、慎重な業者選びが必要となります。設計管理方式は、まずパートナーとなるコンサルタントを決定し、コンサルタントのアドバイスを受けながらマンション大規模修繕工事業者を決定する方式です。第三者が診断・設計・工事監理を行うため工事の品質を保ちやすいメリットがありますが、コンサルタントへの報酬も費用としてかかるため割高となります。管理会社施工方式以外では、実際に工事を依頼するマンション大規模修繕工事業者の決定には、公募による入札を行うか、見積書を比較・検討して決定する流れとなります。値段の比較も重要にはなりますが、これまでの施行実績として、どれくらいの規模の建物の修繕を手がけてきたのかといった詳細な実績を比較することも大切です。また、住民に対し安全面への配慮を十分に行ってくれる業者であることも、重要なポイントとなります。