大規模修繕には費用がかかる|見積もりをするのが利口

模型

マンションの大規模改修

作業員

設計と管理と事後の保証

マンションを大規模改修する場合には、大きな工事になりますので専門家のサポートが必要です。マンションの管理組合が直接請負業者に発注するケースもありますが、万全を期すなら設計管理を請け負う業者を委託して、そのうえで請負業者を決めていくことです。設計管理を行う業者は主に建築会社や設計コンサルタントの会社ですが、マンションの管理組合を様々な段階でサポートしてくれます。大規模改修に先立ってマンションの現状を診断する必要がありますが、設計管理会社であれば、その段階から請け負ってくれるところもあります。その上で、必要となる大規模改修工事を設計し、それに適した請負業者を選定していきます。請負業者が決まってからは、実際の工事が設計通りに進められているかどうか、仕様書が守られているかどうかなど細かい部分で管理を行ってくれます。設計管理会社が請負業者との間に入ることで無駄な工事がなくなりますし、効率的に業務が進められているかどうかをチェックすることもできます。それだけ設計管理会社の影響が大きくなりますので、その会社を選ぶ場合には中立的な業者を選ぶことが大切です。中立的な立場でアドバイスをくれる業者が間に入ることによって、管理組合と縁がないようなマンション住民でも、ある程度の信頼を置いてくれることになります。大規模改修は工事が終わった後もアフターフォローが重要になりますが、設計管理会社が入っていれば、事後の対応まで行ってくれます。